添削講座

添削講座

  • 個人の方
HOME > 技術英語を学ぶ > 添削講座

 

 

 

添削講座 一覧

技術英検プロフェッショナルレベル対応 英語長文要約問題対策講座(第5期:2022年7月‐10月)
残席13(2022年7月1日現在)

◆本講座は、7月開講時より「一般社団法人日本能率協会」が運営いたします◆
◆同内容の公開セミナー開催の予定はありません。技術英検プロフェッショナルに向けて学習される方は、本講座をご利用ください◆

800 words 前後の英文を「15ワード」の要旨文、「120ワード」の要約文にまとめる、長文要約力強化のための添削講座です。
技術英語プロフェッショナルの大問1に対応しています。
技術英検頻出6分野について各3問、全18問を課題としてご用意しています(第4期で使用した12問に、新規6問を追加しています)。
うちお好きな【3問】を自由に選択して取り組めます。

★本講座の3大特長★
【1】「技術英検プロフェッショナル」の大問Ⅰに特化した対策講座です。
【2】本試験とほぼ同じ形式の課題に3回取り組むことで、記述力、解答スキル、時間配分感覚が身につきます。
【3】4期より、講座に『長文要約問題の取り組み方』資料(A4 5ページ)が加わりました。
 「課題文の読み方」「15ワード要旨文の考え方」「120ワード要約文の考え方」の理解をサポートします。



担当講師 徳田 皇毅(技術英語専任講師)
定員 上限20名様
添削回数 3回(課題A1~F3、全18問から3問選択)
受講料 39,600円(税込)
受講期間 第5期:2022年7月1日~10月2日*
*最終添削締切は10月2日です。
 テクニカルライティングマスター添削講座の締切日(10/16)とは違います。お気をつけください。
課題内容 ※下記の各課題にお取り組みください(課題の提出順は問いません)。
 各課題について、添削1回と、質問用紙1回の提出が可能です。
※課題文は、受講開始時にご案内いたします。

A:電機・機械
B:IT・コンピュータ
C:環境
D:メディカル(医療・医薬)
E:エネルギー
F:化学
受講対象 ◆英文法を習得し、かつ英文ライティングの”3C“を十分理解している方
◆工業英検2級以上取得済みで、技術英検プロフェッショナル受験に向けて学習中の方
◆「技術英検プロフェッショナル」の大問1に集中して取り組みたい方

利用規約 ◆ご提出いただいた課題は、通常1~2週間でご返却いたします。ただし、提出の集中、締切直前、技術英検実施日の前など、繁忙期にはご返却が遅くなる場合がございます。あらかじめご了承ください。
◆1つの課題につき質問用紙は1枚です。
◆本講座は添削のみの講座です。テキストはございません。
◆ご提出いただいた課題に対してのみ、添削・模範解答例をご返却します。
◆在籍期間の延長、途中解約できません。
クライアント環境(推奨) 本添削講座はMicrosoftのOneDriveを利用します。
オンラインセミナーを使用するユーザの PC 環境は、以下に示すスペックを満たしていることを推奨します。

◆オペレーティング システム

Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 Service Pack 1、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、または Windows Server 2008 R2
Mac OS X 10.10 以降

最適なパフォーマンスでご利用いただくために、最新バージョンのオペレーティング システムをご使用ください。

◆ブラウザー

最新バージョンの Microsoft Edge、Safari、Chrome、Firefox。
技術英検プロフェッショナルレベル対応 テクニカルライティングマスター添削講座(第5期:2022年7月‐10月)
残席2(2022年6月27日現在)

◆本講座は、7月開講時より「一般社団法人日本能率協会」が運営いたします◆
◆同内容の公開セミナー開催の予定はありません。技術英検プロフェッショナルに向けて学習される方は、本講座をご利用ください◆

課題は、工業英検/技術英検の過去問題で構成された全77問!(第4期と同じ内容です)
◆和文英訳問題(48問)
◆英文リライト問題(11問)
◆要約問題(和文→英文要約、18問)
すべての課題を公開しています。

お好きな問題形式・分野から、6問を自由にお選びいただけます。
 ※英訳・リライト・和英要約問題は、技術英検プロフェッショナルに含まれる形式です。

★本講座の3大特長★
【1】様々な分野・形式の問題に取り組み、苦手意識を克服。英文3Cライティング力を底上げします。
【2】文法 ・ 内容 ・ 3 C の3側面から理解度を評価、 独学では気づかないクセや問題点が明確になります。
【3】6回の添削+質問用紙の活用で、疑問を残しません(1課題につき質問用紙1枚)。
担当講師 徳田 皇毅(技術英語専任講師)
定員 上限10名様
添削回数 6回(課題から6問選択できます。)
受講料 52,800円(税込)
受講期間 第5期:2022年7月1日~10月16日(最終添削締切は10月16日です)

<推奨>
「課題提出>返却>質問」のサイクルを6回、確実に活用するために
8月末までに前半3回分を提出されるよう、計画的な学習をお勧めいたします。
課題内容 上記一覧表でご確認ください。
受講対象 ◆特定の分野に苦手意識があり、克服したいと考えている方
◆ご自身のペースで課題にじっくり取り組みたい方
◆テクニカルライティング中~上級者で、より洗練された文書を書けるようになりたい方
◆セミナー/WEBセミナーへのご参加が難しい方
利用規約 ◆ご提出いただいた課題は、通常1~2週間でご返却いたします。ただし締切直前、技術英検開催直前など、繁忙期にはご返却が遅くなる場合がございます。あらかじめご了承ください。
◆1つの課題につき質問用紙は1枚です。
◆本講座は添削のみの講座です。テキストはございません。
◆ご提出いただいた課題に対してのみ、添削・模範解答例をご返却します。
◆ご返却する模範解答例は、販売している「問題と模範解答例」と同一でない場合があります。
◆在籍期間の延長、途中解約できません。
クライアント環境(推奨) 本添削講座はMicrosoftのOneDriveを利用します。
オンラインセミナーを使用するユーザの PC 環境は、以下に示すスペックを満たしていることを推奨します。

◆オペレーティング システム

Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 Service Pack 1、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、または Windows Server 2008 R2
Mac OS X 10.10 以降

最適なパフォーマンスでご利用いただくために、最新バージョンのオペレーティング システムをご使用ください。

◆ブラウザー

最新バージョンの Microsoft Edge、Safari、Chrome、Firefox。

選ばれる理由

POINT1

技術英検プロフェッショナル取得!技術英語専任講師が指導。

担当講師は「工業英検1級/技術英検プロフェッショナル」の取得者です。実務翻訳者/技術翻訳者として、的確かつ丁寧に添削、アドバイスいたします。

POINT2

Webだから簡単!手間がかかりません。

Microsoft365のOneDriveを使います。郵送・通学の手間がかかりません。

POINT3

選べる課題!目的に合わせた添削課題をお選びください。

コースによって課題を複数ご用意しています。お好きな課題をお好きな順番でご提出いただけるので、目的に合わせてご使用ください。

POINT4

テクニカルライティング力が身につく!1人1人の英文をきめ細かく指導。

ご作成いただいた英文のどこに問題があるかを指摘し、JSTCが提唱する3C(Clear、Correct、Concise)を踏まえた英文に導きます。独学では難しいテクニカルライティングを学ぶのに最適です。

受講の流れ

STEP 1

お申込みはホームページより受付します。必要事項をご記入の上、送信してください。

お申し込みはこちら

STEP 2

受講料を下記口座にお振込ください。ご入金で申込完了となります。

(社)日本能率協会A みずほ銀行 銀座中央支店 普通1059950

STEP 3

メールにて添削講座のご案内をお送りします。手順に従って課題をご提出ください。

STEP 4

講師が添削し、オンライン上で回答をご返却いたします。

※通常1~2週間で返却しますが、提出数の集中・締切間近・技術英検の受験日前など、時期によって変動する可能性がございます。あらかじめご了承ください。

※在籍期間の延長、途中解約はできません。
 

 

受講者の声

女性
学習に取り組む外的な動機付けになった。主語・動詞・文の流れの考えについて、細かいところまで質問し、回答を得ることができた。 (テクニカルライティングマスター添削講座受講)
女性
セミナーよりさらに細かい点まで指導して頂けて、質問にも細かく回答して頂けるのは勉強になりました。 (テクニカルライティングマスター添削講座受講)
男性
理系出身ではないので、まず問題文一つ一つの理解に時間がかかっていることがわかる。添削講座を通じて、日々、プロに自分の英語を見てもらい指導を受けることの重要性を痛感した。 (テクニカルライティングマスター添削講座受講)
女性
課題6回、質問6回を4か月で終える分量が、自分にはちょうど良かった。個人で調べても答えにたどり着かないようなことや、講師の信条、ポリシーを聞くこともできて、大変有意義だった。非常に満足しています。 (長文要約問題対策講座受講)
男性
英訳しながら、それがどの程度正しいのか、自己流では判断できないと感じていた。講師からフィードバックをいただくことは、今後の学習で非常に重要だと感じた。 (長文要約問題対策講座受講)
男性
工業英検1級保持者ですが、見事に赤を入れてもらい、大変勉強になりました。また受講したいです。
男性
長年翻訳の仕事と勉強をしてきましたが、自己流だったため、改めて気づかされたことが多くありました。実務で非常に役に立つことばかりでした。

このページに関する他ページ