ジャーナルアーカイブ

ジャーナルアーカイブ

HOME > 技術英語を知る > ジャーナルアーカイブ > 技術英検3級・2級に合格するための Grammar & Vocabulary (9)

技術英検3級・2級に合格するための Grammar & Vocabulary (9)

 

福岡工業大学 教授 岡裏 佳幸

誌上上講義も残すところ、あと4回。さらに語彙力、文法力の強化を図りましょう。
今回は、技術英検3級の語彙問題と2級の整序英作文問題を扱います。

 

技術英検3級Ⅱ<旧工業英検4級 第73回 (2008.7)>

次の(a)から(o)の英語に、それぞれ相当する日本語を選び、その番号を解答欄に記入しなさい。

(a) solder

  1. はんだ 2. 溶剤 3. 固体

(b) repair

  1. 再利用する 2. 雇用する 3. 修理する

(c) detector

  1. 注射器 2. 放射器 3. 検出器

(d) effective

  1. 柔軟な 2. 有効な 3. 正当な

(e) polish

  1. 穴をあける 2. くだく 3. 磨く

(f) explore

  1. 説明する 2. 探求する 3. 爆発する

(g) gradually

  1. 徐々に 2. 間接的に 3. 圧倒的に

(h) latter

  1. 前者の 2. 後者の 3. 最後の

(i) approve

  1. 改善する 2. 反対する 3. 認可する

(j) evident

  1. 巨大な 2. 明白な 3. 永久の

(k) inspect

  1. 指導する 2. 自粛する 3. 検査する

(l) gain

  1. 獲得する 2. 競争する
  2. 持ち上げる

(m) occur

  1. 発生する 2. 放射する 3 開放する

(n) finite

  1. 最終の 2. 無限の 3. 有限の

(o) mass

  1. 媒体 2. 質量 3. 重力

 

[解答・解説]

(a) 1. はんだ

かなり難易度の高い問題です。

2.「溶剤」solvent, resolvent

3.「固体」solid。物質の3つの状態を表すのはsolid「固体」liquid「液体」gas「気体」です。

 

(b) 3. 修理する

1.「再利用する」reuse。接頭辞のre-には「再び」の意味があります。recycle「再循環させる」reproduce「再生する」などが重要です。また、reducere-「後へ」+-duce「引く」から、「減少させる、減らす」の意味になります。名詞はreduction「減少」

2.「雇用する」employです。「(方法・理論などを)使用する、用いる」の意味もあります。派生語も覚えておきましょう。employer「雇い主」employee「被雇用者」のこと。

 

(c) 3. 検出器

1.「注射器」injector。動詞のinjectin-「中に」+-ject「投げる」から、「注射する、注入する」の意味。これに接尾辞の-orをつけると、injectorになります。

2.「放射器、エミッター」emitter。動詞のemitex-「外に」+-mit「送る」から、「放射する、放出する」。これに-erをつけてemitterとなります。

 

(d) 2. 有効な

1. 「柔軟な」flexible「しなやかな、曲げやすい」の意味もあります。名詞はflexibility「柔軟性」

3. 「正当な」justifiable, properなど。

 

(e) 3. 磨く

1.「穴を開ける」drillです。

2.「くだく」には、smash, crush, shatterなどがあります。smash「(人が)粉々にする」crush「(機械などが)(穀粒・石などを)粉々にする」shatter「(ガラスなどを)粉々にする」の意味で用いられます。

 

(f) 2. 探求する

exploreの名詞はexploration「探求」の意味。

1. 「説明する」explainexplain A to BABに説明する」。名詞はexplanation「説明」

3. 「爆発する explode。名詞はexplosion「爆発」

 

(g) 1. 徐々に

graduallyの形容詞はgradual「段階的な、漸進的な」という意味。したがって、名詞のgradeには「段階、階級、学年、勾配、傾斜」などの意味があります。

2.「間接的に」indirectly。反義語はdirectly「直接的に」。形容詞は、それぞれdirect「直接的な」indirect「間接的な」です。indirect lighting「間接照明」indirect method「間接法」も覚えておきましょう。さらに、「正比例の」directly proportionalですが、「反比例の」indirectly proportionalという表現ではなく、inversely proportionalとなることに注意してください。「正比例」direct proportionで、「反比例」inverse proportionです。

3.「圧倒的に」overwhelmingly。形容詞はoverwhelming「圧倒的な」

 

(h) 2. 後者の

1. 「前者の」the formerthe formerthe latterは相関的に用いられます。

3. 「最後の」the last

 

(i) 3. 認可する

approve「(正式に)認可する、承認する、実証する」という意味。approvedは形容詞で「承認された」

1.「改善する」improve。名詞はimprovementで「改善、改良」

2.「反対する」oppose。他動詞です。oppose the construction of a new power plantは「新しい発電所の建設に反対する」の意味。名詞はopposition「反対、抵抗」、形容詞はopposite「反対の」。なお、opposite angle「対頂角」のこと。

 

(j) 2. 明白な

evidentと同義のobviousも重要。名詞はevidence「証拠、根拠」

1. 「巨大な」enormous, gigantic, hugeなど。

3. 「永久の」permanent, perpetual, eternalなど。permanent magnetといえば「永久磁石」perpetual motionといえば「永久運動」のこと。

 

(k) 3. 検査する

inspectin-「中を」+-spect「見る」ですから、「検査する、点検する、詳しく調べる」の意味になります。名詞はinspection「検査、点検」

1.「指導する」instruct「指示する、命令する」の意味もあります。名詞はinstruction「指導、指示、命令」ですが、「指示、命令」の意味では複数形のinstructionsを用いるのが一般的です。

2.「自粛する」refrain「喫煙を自粛する」refrain from smoking

 

(l) 1. 獲得する

gain「獲得する」の他に、「(力、速度などを)増す、(時計が)進む」の意味でも用いられます。This watch gains five seconds a day.といえば「この時計は1日に5秒進む」の意味。また、gainには名詞で「利益、増加、(アンテナなどの)利得」の意味もあります。

2.「競争する」compete「~と競争する」は、compete with , compete against です。名詞はcompetition「競争、競技、コンテスト」の意味。

3.「持ち上げる」liftです。lift valve「持ち上げ弁」のこと。また、lifting magnet「つり上げ磁石」の意味です。

 

(m) 1. 発生する

2.「放射する」emit, radiate

3.「開放する」open

 

(n) 3. 有限の

1.「最終の」the last, the final

2.「無限の」infinite。もちろんfiniteの反義語です。infinite decimal「無限小数」infinite integral「無限積分」infinite product「無限積」infinite loop「無限ループ」のこと。

 

(0) 2. 質量

massを用いた表現はたくさんあります。the law of conservation of mass「質量保存の法則」mass energy「質量エネルギー」mass spectrumは「質量スペクトル」mass unit「質量単位」、mass ratio「質量比」の意味。覚えておきましょう。また、massには「大量、多数」の意味もあり、mass production「大量生産」の意味になります。

1.「媒体」medium「培地」の意味もあります。

3.「重力」gravitygravitationalは形容詞で「重力の」

 

次は技術英検2級の整序英作文問題です。

技術英検2級Ⅶ<旧工業英検3級 第73回 (2008.7)>

次の(a)から(f)について各和文の意味を表すように、1から7を並べかえて英文を作るとき、3番目と5番目にくる最も適切な番号を解答欄に記入しなさい。なお、文頭の大文字については考慮する必要はありません。※設問(e)(f)は割愛。

(a) レンズを長時間直射日光に当てると、カメラのカラーフィルタが劣化します。

     Subjecting the lens (1. long  2. sunlight

3. direct 4. a  5. to  6. time  7. for) will damage the camera’s color filter.

(b) 染料とは、素材の色を変えられる特性を持つ物質のことである。

     A dye is a substance (1. being 

2. change 3. of  4. able  5. to 

6. with 7. the property) the color of a material.

(c) 電池を逆の方向に挿入すると計器を損傷することがある。

     Batteries (1. in  2. inserted  3. the 

4. wrong 5. damage  6. may 

7. direction) the meter.

(d) サーモスタットは温度を希望の値に維持するために使用されることが多い。

     A thermostat (1. temperature  2. is 

3. maintain 4. often  5. the 

6. used 7. to) at a desired value.

 

[解答・解説]

前々回にも同じ問題形式を扱いましたが、この問題で問われるのは、基本的な英文構成力。通例、英文には、主語と動詞が必要ですから、まずは主語と動詞を見つけましょう。

 

(a) 2-4

「レンズを長時間直射日光に当てると」は条件を表しますが、英文の書き出しがSubjecting the lensとなっていること、1から7には動詞が含まれないこと、( )の直後にwill damageがあることから、「レンズを長時間直射日光に当てることは」と考えればよいでしょう。「ABに当てる」はsubject A to Bですから、「レンズを直射日光に当てること」はSubjecting the lens to direct sunlightとなります。また、「長時間」はfor a long timeですから、Subjecting the lens to direct sunlight for a long time will damage the camera’s color filter.となります。

[語句]
subject A to BABに当てる、さらす」。

 

(b) 3-4

和文から、「素材の色を変えられる特性を持つ」が「物質(= substance)」を修飾していることがわかります。ポイントは前置詞のwithです。withには様々な用法がありますが、ここではhaving と同じ意味、すなわち、「~を持っている」という意味を表します。「特性を持つ」はwith the propertyとなります。さらに、「特性」=「素材の色を変えられること」の関係が成り立ちます。ここで、=の働きを持つのが前置詞のofです。これは同格のofと呼ばれ、A of Bの形式で、AとBが同一の内容であることを表します。したがって、

のつながりが出来上がります。これを前置詞のwithの後に置けば、文が完成。A dye is a substance with the property of being able to change the color of a material.となります。

[語句]
material「素材」。

 

(c) 3-7

和文では「電池を逆の方向に挿入すると」は条件を表していますが、英文はBatteriesで始まっていますから、「逆の方向に挿入された電池は計器を損傷することがある」と解釈すればよいでしょう。後半の「計器を損傷することがある」はmay damage the meterです。残りの選択肢を用いて、「電池」を修飾する「逆の方向に挿入された」を考えましょう。insertedは他動詞insertの過去分詞形ですから、「挿入された」を意味します。また、in the wrong directionで「逆の方向に」の意味ですから、全体はBatteries inserted in the wrong direction may damage the meter.となります。

[語句]
meter「計器」

 

(d) 6-3

和文を、①「サーモスタットは使用されることが多い」と②「温度を希望の値に維持するために」に分けて考えましょう。①はA thermostat is often usedです。ここで、副詞のoftenの位置に注意してください。副詞の位置は比較的自由であると考えられていますが、原則として、oftenのように頻度の副詞はbe動詞の後に置かれます。他に、頻度の副詞には、always, frequently, occasionally, regularly, seldom, sometimesなどがあります。②の「~するために」は、もちろん目的を表しますが、ここではto不定詞を用いて表現しますから、to maintain the temperatureのつながりができます。全体はA thermostat is often used to maintain the temperature at a desired value.です。

ちなみに、目的を表すto maintainを言い換える場合、in order to maintainの他に、動名詞を用いたfor the purpose of maintaining, with a view to maintainingを用いることができます。

[語句]
maintain「~を維持する」他動詞。

 

(参考:工業英語ジャーナル 2009年6月号)