インタビュー

インタビュー

HOME > 技術英語を知る > インタビュー > 第129回技術英検プロフェッショナル 合格者の学習法 #1

第129回技術英検プロフェッショナル 合格者の学習法 #1

「第129回技術英検プロフェッショナル」において、見事プロフェッショナルとして認定された方々に、「受験の動機」や「勉強法」等についてお話をうかがいました。

順番にご紹介してまいりますので、ぜひご一読いただき、学習のご参考、モチベーションアップにお役立てください。

   
技術英語能力検定プロフェッショナル 合格
大原 陽子さん(株式会社パソナ)

 

問1:受験の動機を教えてください

技術英検「プロフェッショナル」を受験したのは、2022年6月まで毎月開催されていたJSTC主催の技術英語セミナーで学んだことを、正しく理解し、自分の英文に反映できているかどうかを確認するためです。

 

 問2:どのような学習法で合格を目指しましたか。また、何を教材としましたか。

パソナの派遣社員として、企業で翻訳の仕事をしています。英語力を向上させるため、2016年、独学で旧工業英検2級に挑戦し、合格しました。しかし、旧工業英検1級のレベルには到底及ぶものではなく、これ以上はプロの翻訳者に直接指導して頂くのが一番の近道と判断しました。

翌年、意を決して上記のセミナー(東京会場)に初めて参加してみたものの、周りの参加者(高い英語力を持つキラキラした都会のヒトたち)に比べ、田舎から出て行ったことも相まって自分の英語力の低さに完全に尻込みしてしまい、忙しさを言い訳にそれきりに。ですが2018年、「できないからこそ教わりに行くのだから」と開き直り、それからはどれだけ間違えて恥ずかしい思いをしてもほとんど全ての回に出席しました。

今思えば、逆に間違えた方が講師から様々なアドバイスを頂くことができ、記憶にも残り、勉強になって良かったのです。英文科を出ていない私の英語力、特に文法の知識は、記憶も怪しい高校卒業程度でしたので、回を重ねるにつれて飛躍的に(と自分で書いてしまうくらい)向上しました。プロの翻訳者である講師のリライトは毎回圧巻で、また、どんな些細な質問にも答えて頂けました。その回答の中には翻訳の知識やヒント、翻訳には必須の英語圏の文化・慣習などが随所に散りばめられており、非常に勉強になりましたし、何よりも、褒め上手な講師と、セミナーで知り合った幅広い年齢層、職業の勉強仲間のおかげで学びが楽しくなりました。

セミナー以外の学習法の一部をご紹介しますと、これまでにJSTCの添削講座「英語長文要約問題対策講座」を2期(現在3期目受講中)、「テクニカルライティングマスター講座」を1期受講しています。また、私が所有する中でも"一軍"の教材は、これまでのセミナー資料、添削講座資料に加えて、旧工業英検過去問(4級から使用)、技術英検過去問、「工業英語ハンドブック(現在は技術英語ハンドブック、事務局追記)」、「これなら通じる技術英語ライティングの基本」、「速攻!英文ライティング」、「技術英語ジャーナル(2022年6月号をもって休刊、事務局追記)」における各講師の連載、「表現のためのロイヤル英文法」、各種スタイルガイドです。「理工系学生が会社に入る前に読む英語の本(在庫なし、再販予定なし)」は、完全に文系の社会人の私にとっても、技術英語の学習を本格的に始める際の良い指針となりました。Nature、Popular Science、Scientific Americanの記事や動画も勉強になります。さらに、総合的な英語力の向上にはリスニングとスピーキングも重要なことから、オンライン英会話を週5日ほど受講しています。使用している紙の辞書は、講師おすすめの「ジーニアス英和辞典」、「アドバンストフェイバリット和英辞典」です。

 

 問3:合格者としての抱負

今回の合格はあくまでも一つの通過点で、次の目標は文部科学大臣賞としました。最終目標は英語力の更なる向上ですので、学習に終わりはなく、また自己研鑽に努めるのが派遣社員である私には必要な要素です。目標到達までの道のりで得る知識や経験は、資格そのものと同等に重要と思っています。「学習法」として色々記載しましたが、これを一気に行ったのではなく、何年もかけて、隙間時間にゆっくり進めたものです(全部いっぺんにやったら確実に英語が嫌いになります)。就業先企業のお役に立てるよう、今後も無理のないペースで、楽しみながら学習を継続していきたいと思います。