技術英検とは

技術英検とは

HOME > 技術英検を受ける > 技術英検とは

「技術英検」とは

「技術英検(技術英語能力検定)」は、英語文書作成力を客観的に評価する、国内唯一の資格です。

4技能が要求される他の検定と比べ、文法的に正確で、明確・簡潔(技術英語の3C:Correct, Clear, Concise)な表現の要件を満たした英語力が求められます。
すなわち、特に理系・技術系を専門に学ぶ学生、職業とするビジネスパーソンにとっては、学問/仕事に直結する技術的な文書(取扱説明書、仕様書、論文、規格等)のスタイルの違いの理解につながる、専門直結の英語を身につけることができる英語検定です。

また、技術英検で求められる「3C」の適用範囲は、理系・技術系にとどまりません。
ビジネスメールや英文社内文書、議事録、プレゼンテーション資料など、すべてのビジネスパーソンが日々扱う、あらゆる分野の英語文書作成力の向上に、ぜひ、技術英検をお役立てください。

 

技術英検の3大特徴

1
仕事で必要な工業英語のスキルを習得

業務直結「英語文書作成力」を評価する

「技術英検」は、「英語文書作成力」を「技術英語の3C(Correct, Clear, Concise)」の視点で評価する検定です。
英語は国際ビジネスの公用語です。「英語がペラペラ」という表現が示すように、多くの日本人は「英語=英会話」を想起します。しかし、ビジネスが会話だけで動くことはありません。必ず「文書」が介在します。
eメール、プレゼン資料、議事録、仕様書、マニュアルなど、ビジネスに直結する「英語の文書作成力」を「正確に、明確に、簡潔に」の視点で評価するのが「技術英検」の最大の特徴です。

2
学校団体受験の増加

非ネイティブ間でこそ通じる、正確・簡潔な表現力を評価する

「英語文書作成力」は、英会話学習で培われるものではありません。口達者な人が、必ずしもビジネス文書作成力に長けているとは限らないのと同じです。また、ビジネスの場で英語が使われるとき、相手がネイティブスピーカーである可能性よりも、むしろアジア、中東、南米、アフリカなど、非ネイティブである確率のほうが高いのが現実です。
非ネイティブ間のコミュニケーションでこそ威力を発揮する「技術英語の3C」の習得を目指すのが「技術英検」です。そしてその先に、ネイティブ「にも」正確に伝わる、品位ある英語力の獲得があるのです。

3
単位認定事例

科学技術分野、理系分野の出題が多いのにはワケがある

「技術英検」では、科学技術分野、理系分野関連の出題が多いため、多くの方が「技術英語」は「理系の英語」と考えていらっしゃるかもしれませんが、それは違います。
一般的に科学技術分野の英文では、物や事象が主語となる場合が多く、人物が主語になることはまれで、情緒的な表現は求められません。読み手に事実を正確に伝えるために、日常会話や小説、映画などで頻出する冗長表現・口語的表現・感情表現などが完璧に排除された理系の文書は、実は、英語の本質を知るのに最適な教材なのです。

 

「技術英検」概要について

対象 求められるスキル 合格基準 検定料 実施時間
プロフェッショナル

対象

実務で科学技術分野を含む英語文書作成に携わる方

技術者・研究者

英語論文の執筆に携わる方

実務翻訳者

特許/知財翻訳者

求められるスキル

技術英語の3Cを理解し、正しく、明確に、簡潔に書くことができる。

実務文書の種類(マニュアル、仕様書、論文、eメール等)に応じてスタイルが異なることを理解しており、正しく使いわけることができる。

合格基準

合計で75%点以上の正解(150点以上)
※ただし、得点が50%未満の解答が1問でもあると、合計得点に関わらず不合格

検定料

¥17,000

実施時間

14:00~
16:00
(120分)
準プロフェッショナル

合格基準

合計で60%以上の
正解(120点以上)
1級

対象

ビジネスパーソン

技術者・研究者

科学技術分野の英語文書作成に携わる方・興味のある方

技術英語に興味のある生徒・学生

技術者・研究者を目指す生徒・学生

求められるスキル

科学技術に関する英文を読むことができる。3Cをベースに、英語実務文書の要約、議事録、eメール等の短文が書ける。

合格基準

合計で60%以上の
正解 (120点以上)

検定料

¥9,000

実施時間

12:20~
13:40
(80分)
2級

求められるスキル

科学技術英語の語彙力があり、構文・文法を理解している。

合格基準

合計で60%以上の
正解 (120点以上)

検定料

一般受験
¥6,900
団体受験
¥6,400

実施時間

10:50~
12:00
(70分)
3級

求められるスキル

科学技術英語の基礎的な語彙力があり、構文の基礎を理解している。

合格基準

合計で60%以上の
正解 (120点以上)

検定料

一般受験
¥3,600
団体受験
¥3,500

実施時間

9:30~
10:30
(60分)

※検定料は税込価格

 

旧「工業英検」からの変更ポイント

1.検定名称の変更
 「技術英検(技術英語能力検定)」 ← 「工業英検(工業英語能力検定)」

2.級の名称変更

【新】              【旧】
 技術英検プロフェッショナル  ← 工業英検1級相当
 技術英検準プロフェッショナル ← 工業英検2級相当
 技術英検1級         ← 工業英検準2級相当
 技術英検2級         ← 工業英検3級相当
 技術英検3級         ← 工業英検4級相当

詳細は「試験レベル・内容(技術英検)」をご確認ください。

3.「技術英検(技術英語能力検定)」英語表記について

 English Technical Writing Test (変更なし)
 ・プロフェッショナル: Professional Level A
 ・準プロフェッショナル: Professional Level B
 ・1級: Advanced Level
 ・2級: Intermediate Level
 ・3級: Preliminary Level

 

旧「工業英検」合格者の資格表記について

旧「工業英検」合格者が保有資格は、「工業英検〇級」となります。

この場合「技術英検〇級」と表記することができませんので、履歴書、エントリーシート等に記載される場合ご注意ください。
合格証明書を発行する場合も「工業英検〇級」の表記になります。

 

後援団体(申請中)

  • 文部科学省
  • 公益社団法人全国工業高等学校長協会
  • 独立行政法人国立高等専門学校機構
  • 一般財団法人職業教育・キャリア教育財団
  • 一般社団法人国立大学協会
  • 一般社団法人日本私立大学連盟
  • 日本私立大学協会
  • 一般社団法人日本機械学会
  • 公益社団法人化学工学会
  • 公益財団法人AFS日本協会
  • 公益社団法人日本工学教育協会
  • 公益社団法人日本工学会

このページに関する他ページ